« ハリヤが帰ってきました。あすから電チャリ通勤再開です!!! | トップページ | やっぱり電チャリ通勤をがまんして正解だったかな? »

2008年6月 9日 (月)

秋葉原通り魔事件、社会への逆ギレなど許してはいけない

 朝、いつものように起きて、NHKテレビ「おはよう日本」でニュースを見た。7人が死亡、10人がけがをした秋葉原通り魔事件の続報をトップで伝えていた。今年3月に茨城・荒川沖駅で8人が殺傷されて以来、凶悪な無差別殺人事件が相次いでいる。

 「世の中がいやになった。だれでもいいから殺そうと思った」と供述しているという秋葉原通り魔事件の犯人は25歳。ということは、バブル期の末期に生まれ、アメリカの同時多発テロ事件をテレビで眺め、ネットや携帯電話で現実と異なるバーチャルな世界に触れながら育ってきたわけだ。そんな、生まれ育った世相が犯行に影響していることは間違いないだろう。荒川沖駅の犯人も、ほぼ同じ年の24歳だった。

 ほかにも発生したいくつかの事件も含め、犯人らに共通していたのは、いずれも社会に対して何らかの不満や不安を抱き、その原因を自分以外のもののせいにして、社会や他人に凶器を直接向けることによって鬱憤を晴らそうとした点だ。

 人間は、社会からの影響抜きに成長することはできない。けれど、その中で生きていく上で、自分にかかわることは自分で責任を持つしかない。みんな、不満や不安があったとしても、一生懸命に自分自身で解決し、乗り越え乗り越え生きているのだ。社会や他人のせいにしてごまかすのは、幼稚な甘えでしかない。

 大人にとっては、何をいまさらという程度の常識だが、若い世代の中には、すでに成人していてもこんなことすらわかっていない連中が案外多い。近ごろは言葉の流行が先行して“社会の中ではあり得ること”感が漂い、すっかり定着してしまった「逆ギレ」という言葉はその象徴だ。

 相次ぐ無差別殺人事件は、幼稚で未成熟な人間の社会に対する逆ギレといえるだろう。だが、犯人らの身勝手な犯行理由など、社会は断じて認めない。裁判においても一切、斟酌してはいけないと思う。

 朝っぱらから堅苦しい話になったが、ニュースを見ていてあまりに腹が立ったし、秋葉原は昔から大好きな街のひとつだったので、書かずにいられなかった。

     ◇ ◇ ◇

 ところで、同じニュース番組の天気予報によると、関東地方は今夜、激しい雷雨になるという。tenki.jpで確認しても、大手町、行徳ともに午後3時以降は雨。あ~あ、再開できると思っていた電動自転車・ハリヤによる自転車通勤は、また1日先送りとなった。あすは終日晴れの予報だが、いったいいつになったら電チャに乗れるのやら…。


↓皆さんの応援が大きな励みになります。お読みになった足跡代わりに、ぜひ
↓応援の1クリックを、ランキングの確認がてらポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ  にほんブログ村 ダイエットブログへ 

|

« ハリヤが帰ってきました。あすから電チャリ通勤再開です!!! | トップページ | やっぱり電チャリ通勤をがまんして正解だったかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512302/41478905

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原通り魔事件、社会への逆ギレなど許してはいけない:

« ハリヤが帰ってきました。あすから電チャリ通勤再開です!!! | トップページ | やっぱり電チャリ通勤をがまんして正解だったかな? »